薬剤師ですこんにちわ!是非見てってください。


by avkcmb9oad

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 栃木県足利市で生後3カ月の乳児が両太ももの骨を折られた事件で、県警足利署に傷害容疑で逮捕された同市若草町、無職、五月女裕子容疑者(28)が同署の調べに「けがをさせた。大変申し訳ない」などと容疑を認める供述を始めていることが8日、県警への取材で分かった。

 県警によると、五月女容疑者は「自分は離婚している。幸せな家族が疎ましかった」などと容疑をおおむね認め始めたという。逮捕当初は「(乳児を)抱いたがけがはさせていない」と否認していた。

 五月女容疑者は5月26日午前11時半ごろ、足利市内の子供用品店で、同市内の女性(26)に「かわいいので赤ちゃんを抱かせてください」と声をかけ、生後3カ月の女児を抱くと、両太ももの骨を折り、重傷を負わせた疑いが持たれている。

 同署には、五月女容疑者の逮捕直後から、同様の被害を訴える相談が相次いでおり、県警は五月女容疑者との関連について慎重に捜査している。

【関連記事】
他人の赤ちゃん骨折させ不敵な笑み…女の素性は
他人の乳児の骨折る 容疑の28歳、無職女を逮捕
「一生かけて娘に償って」乳児揺さぶりの父親に有罪 大阪地裁支部
“犬小屋”に2児を監禁1年半 「究極のネグレクト」回復の鍵は「愛着」
「赤ちゃんポスト」子供51人、76%は親が判明
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

小林議員いつ辞める? 地元民主やきもき(産経新聞)
政治家もネット力大切 ツイッターなりすまし(産経新聞)
与党、11日の首相の所信表明演説を提案(産経新聞)
自称NPO幹部、16人の保護費申請に同伴(読売新聞)
雑記帳 南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
[PR]
by avkcmb9oad | 2010-06-11 20:37
 全国屈指の観光エリアを疾走する馬。逃げまどう観光客――。

 北海道小樽市で31日に起きた観光馬の暴走事故で、観光客ら5人が重軽傷を負った。観光シーズンさなかとあって、地元観光関係者の間には「イメージダウンは避けられない」と動揺が広がった。馬車の金具の留め方が不十分だった可能性もあり、小樽市は近く、観光用の乗り物の安全確認の徹底に乗り出す。

 小樽署などによると、事故が起きたのは、31日午前11時半過ぎ。修学旅行で訪れた釧路市の中学生6人が、観光馬車で移動中、客車と馬をつなぐ金属製のパイプが突然はずれた。馬は金属パイプを引きずりながら暴走し、客車に衝突。乗っていた中学生1人が右手に軽い打撲傷を負った。

 その直後、馬は交差点に進入し、左折中の軽乗用車にぶつかり、車内にいた女性2人が軽傷を負った。さらに観光エリアや都通り商店街を駆け回り、信号待ちの女性(20)や歩行中の女性(86)に次々とぶつかってけがを負わせた。

 通行人が馬をなだめ、馬具のひもを近くの柱に結びつけた直後、小樽署員が駆けつけて取り押さえた。

 今回の事故について、小樽観光協会の木立孝志事務局長は、「安全に観光を楽しんでもらえるための対策を考えていきたい」と影響を心配する。

 小樽市は馬車や人力車、自転車タクシーなどの業者に、装備のチェックを含め、安全運行を徹底するよう求める方針で、市観光振興室は、「大変残念な事故。安全対策の徹底やルール作りなどについて、警察など関係機関と協議を進めたい」としている。

自動車道をバックで逆走、トラックと衝突 1人死亡 兵庫(産経新聞)
阿久根市長独断、職員・市議・市長のボーナス半減(読売新聞)
マンサン新連載、上農ヒロ昭が駅弁の魅力を描く
スカイツリー伸び悩み…展望台工事優先で(読売新聞)
不倫の男を再逮捕=殺人容疑、女性遺体遺棄―大阪府警(時事通信)
[PR]
by avkcmb9oad | 2010-06-01 22:15